法律 税理士

  

ソフトで簡単に

駆け上がるスーツ姿の男性

平成26年より白色申告でも帳簿付けが義務化されたことから、青色申告に切り替える人も多くなりました。税理士に頼んでいる法人企業はいいですが、フリーランスの個人事業主はできれば税理士なしで、申告書類を完成させたいところです。 簡単にできると書かれた会計ソフトや無料のエクセル帳簿、またそのガイドブックなども多く販売されています。しかしながら帳簿づくりにかかる時間というのはあまり考慮されていません。 そこで税理士を上手に使うという手を考えてみます。税理士に丸投げするから費用が高くなるのです。できるところまではなるべく自分で、どうしても助けを借りたい部分だけ税理士に依頼するというのが、ベストなのではないでしょうか。

青色申告には10万円の控除と65万円の控除がありますが、65万円の控除がほしいばかりに、税理士にすべて丸投げしていては、税理士への費用で65万円分の控除がとんでしまいかねません。そういう場合は複式帳簿のいらない10万円の控除で十分だと思われます。 簡単にできる会計ソフトを使っても、ちょっとわからないことが出てきたときにメールで相談などをしていると、時間も大幅にロスします。申告書類はできれば1日くらいで一気に作ってしまいたいところです。 一律いくらという料金設定の税理士もいれば、この部分だけならいくらと、細かく費用を設定している税理士もいるので、必要な部分だけを依頼すれば時間も費用も大幅に助かるのではないでしょうか。