法律 税理士

  

難しい試験

駆け上がるスーツ姿の男性

税理士試験は、数ある資格の中でも最難関の部類に入ります。災難関入る部類には、弁護士や医師などがあります。弁護士は司法試験に受からなければなりませんが、税理士試験は弁護士に次ぐ難関試験だと言われています。司法試験よりは難しくはありませんが簡単に合格できるものではありません。そのため、長年にわたる学習が必要となる場合があります。つまり、人並外れた努力をすることが合格には求められるということを理解してください。また、合格できるのは受験者の家の一握りです。そのことを理解した上で税理士を志すのであれば問題ありません。税理士を目指すための予備校がありますのでまずは、予備校に関する情報を集め、合格を目指せる予備校を選んで下さい。

見事、試験に合格した後には2種類の進む道があります。1つ目の道は、企業内税理士として働くことです。企業では税務に精通した人材を求めています。ですから、就職試験や転職活動において税理士資格の保有は有利になります。特に、財務部や経理部で資格の力を発揮することができます。もう一つの道は、自分で開業するものです。企業に就職するのではなく自分で会社を作ることができるので、全て自分で行い大人にとってはベストな方法です。もちろん、事務所を構えるためのイニシャルコストが必要になりますので、ある程度の自己資金が必要になる事は忘れないでください。いずれの道に進むにしても、試験に受かってからの話となります。まずは試験に受かることだけを考えて学習を進めてください。