法律 税理士

  

依頼する前に

駆け上がるスーツ姿の男性

税理士の数が増えています。これは税理士には定年がない一方で、その合格者が年々誕生しているためです。税務署で一定期間勤務した場合にも税理士になることができるので、年数が経てば経つほど、税理士は増えていくことになります。これは会社経営者から見ればありがたい話です。なぜならば、選ぶ選択肢が増えるからです。今、税理士は資格を持っているだけで稼げる資格ではなくなってきました。以前は、顧客の紹介や近所の人が頼って来るという形で新しい仕事が舞い込んでいましたが、今では自ら営業活動をかけて仕事を探さなければいけません。また、最近は様々な税法がめまぐるしく改正されており、これらの改正内容についてもしっかり把握していなければなりません。

そのため、積極的な活動を行っていない場合、仕事が入ってこないばかりでなく、顧客が奪われかねない状況となっているのです。最近では税理士法人を作り、組織的に活動をしているところもあります。また、社会保険労務士やファイナンシャルプランナーの資格をとって相談内容の幅を広げたり、弁護士などとネットワークを作り、ワンストップで顧客を囲い込んだりしようとする動きも見られます。インターネット上では税理士の比較サイトなども登場しているため、探す側からすればいくらでも情報を集めることができます。もしも、税理士に積極的に企業財務に関わってもらいたいと考えているのであれば、インターネットで検索し数社から見積もりを取ってみると良いです。